おいしいひととき

株や投資信託についての情報を発信中。メインコンテンツは平日5時半頃更新の株日記です。

ネットの世界をよくする為に。自分で書いた記事にも紹介した商品にも責任を持とう!

   

以前も記事で書いたかもしれません。
僕はウェブ関連の仕事に就いています。

なので世間一般の平均以上はネットの世界に詳しいと自負しています。

僕は今の時代に生まれてホント良かったと思っています。
ネットは便利です。大概の事はネットで出来てしまいます。
ネットがなかった時代よりも、今の時代のほうが豊かなのではないかと本気で思っています。

しかし一方でネットの世界にも懸念していることがあります。
今回は僕もこのサイトを1年以上続けていますので、ブログをテーマにおいて考えていることを書き綴ってみます。

スポンサーリンク

ネットの世界ではデータが半永久的に残る

pak12_10naname_tp_v

ブログの記事はほぼ永久的にネットの世界に残ります。
無料サーバーのサービスが終了したり、有料サーバーでしたら契約を打ち切った場合にはデータは消えてしまいますが、それを除けば公開し続けている限り残ります。

一方で、情報は生ものでもあります。
時間がたてば役に立たない情報になるばかりか、時には間違った情報となって迷惑になってしまうこともあります。

公開日時が古く、その後更新されていない記事を見た経験は誰にもであると思います。

知りたいことがあって検索したのに、そんなページにたどり着いてしまったら嫌ですよね。

ネットの世界は時間制限がないので、管理者が放置をしてしまうとそのままになってしまいます。

管理者一人一人の意識の問題になってくるので、100%改善することは不可能ですが、自分が作成したものには責任を持たなくてはいけないと思います。

・・・と偉そうなことを言っていますが、
僕も恥ずかしながら過去の記事の見直しは今まで全く行ってきませんでした。
なので現在進行形で、今整理をしてる途中です(^^;

本当に読者のことを思って記事を書いている人は、定期的に記事の見直しを行っているように思えます。
そういう行為を検索エンジンは評価して上位に表示させている傾向がありますね。
今後はそれがさらに加速して行くことだと思います。

商品を紹介する責任も少なからず感じよう

gori0i9a0925_1_tp_v

アフィリエイトといって、サイト経由で商品を購入してもらうと紹介料として収益が発生する仕組みがあります。
参入のハードルの低さから、僕のサイトを含め多くのブログに取り入れられています。

しかしこのアフィリエイトでも読者のことを思いやらない行為を見かけます。
商品を売りたいがために適当な文章を書いたり、嘘に近い情報を書いて商品を勧める記事を見かけることがあります。

ネットの世界では直接的に相手の顔が見えないので、相手の事よりもついつい自分中心になってしまいがちです。

自分で買ってみて試して、これは人に勧められる商品だと思って、そこで初めてサイトで紹介する。
それが正しいアフィリエイトのあり方だと僕は思います。
少なくとも僕はそうしています。(あまり売れませんが笑)

心理テクニックで商品を売るポイントを押さえる事も大事ですが、
もっと根本的な人と人とのコミュニケーション、相手のことを想いやることのほうがはるかに大事なことだと思いますね。

過去の経験から感じたこと

ishi693_hitujigumo_tp_v

昔の話になりますが、今も書いている株日記内で紹介した本が売れました。
その書籍を僕が買った当初ぐらいでしょうか、その時は取引が上手く行っていたのかもしれませんね(笑)

株に関する書籍がサイト経由で売れたので、収益が発生しました。

収益が発生した事は嬉しかったのですが、
それ以上に嬉しかったのが、僕の投資日記を見て、紹介した商品を選んでくれた事でした。

それってつまり僕の記事がその人に影響を与えたって事だと思うんです。

アフィリエイト全般にいえますが、サイト経由で商品を購入するってことはそういうことだと思うんです。

欲しい商品があったら人はまず検索しますよね。
その商品に対する情報をかき集めます。
そしてとある記事を見て、決心を決めて買うのが一般的なプロセスだと思います。
ということは、その記事がなければもしかしたら買わなかったかもしれません。
違うサイトの記事を読んで購入を断念しようと思ったかもしれません。

それは正しい判断だったか分かりませんが、もしかしたらその人の人生を豊かにする商品だったかもしれない。

そう思うと商品を紹介するって事はなかなか責任重大な事なのではないか、と思うのです。
その人の生活に影響を与える可能性があるわけですから。

僕のサイトから本を買った人が満足できたかは分かりません。
内容に満足いかなかったかもしれない。
人の好みだったりも関係するので100%満足させることは不可能かもしれません。

それでも出来ることなら。
少しでも満足してほしい。
買って良かったなぁと思ってほしいと思うのは誰でも皆同じではないかと思います。

だからこそ僕はもう少し商品を紹介するときは真剣に、そして責任を持って全力で商品を紹介していこうと思います。

まとめ

自分がされたら嫌なことを人にはしない。
当たり前のことですが、ネットでは疎かになりがちです。

一人ひとりがもっと相手のことを思いやって有益な情報が飛び交う、そんなネットの世界になっていければいいですよね!

僕もそんな世界を目指して、少しずつできる事から頑張っていこうと思います。

スポンサーリンク

 - ブログ