おいしいひととき

株や投資信託についての情報を発信中。メインコンテンツは平日5時半頃更新の株日記です。

心の豊かさは読書で育まれる

      2016/09/21

少し前にプロフィールを少し修正したのですが、
その中で豊かな生活を送るには「心の豊かさ」「健康」「安定した収入」が必要なのではないか、と書きました。

健康は運動や食生活を意識・改善することで維持出来ますし、
安定した収入も僕はまだまだ途中ですが複数の収入基盤を確保することでクリアできるのかなと思います。

ですが心の豊かさ。つまり考え方、価値観、人格というのでしょうか。
それどうやって身につくのか考えたときに、僕のルーツは「読書」でした。
豊かな心は読書で育まれていくのかもしれません。

photo credit: Chez memoranda via photopin (license)

スポンサーリンク

読書の魅力・メリット

読書は知らない世界と出会える

読書の最大の魅力は知らない世界を知れることだと思います。
小説を通してワクワクする物語の世界を楽しめたり、
自伝を通して偉人の活躍を知れたり、
自己啓発書で自分に無い考え方と出会えたり、
参考書だって知らない情報を吸収出来ますよね。

知らない世界を教えてくれる本。
今の自分に足りない何かを本が教えてくれます。

本を読むと成長できる

僕は最近ビジネス書ばかり読む傾向があるのですが、
同じジャンルでも読むたびに知らないことが書いてあります。
そして知らなかった情報を吸収できます。
その繰り返しをすることで、以前の自分とは違った考え方を手に入れられます。

何万冊とある本でも全く同じ本はありません。
つまりどんな本を読んできたかによって、
人の考え方って形成されていくのかもしれません。

オススメの読み方

僕のオススメする本の読み方は、同時に何冊も読むことです。
どうゆうことかというとAという本とBという本がった場合。
本Aを読み終えてから次に本Bを読むのではなく、
本Aと本Bを平行して読んでいくのです。
そうすることで偏った考え方を取り入れる心配がなくなります。
本Aと本Bの主張が異なっていた時などそれぞれの言い分を聞いて、自分で判断することが出来ます。

元マイクロソフト代表取締役社長の成毛 眞さんの本でこの読み方を知りました。
僕の場合、ベッドに一冊、トイレに一冊、カバンに一冊のようにして読んでいます。
別に同じジャンルじゃなくても良いと思います。
小説とビジネス本。漫画と自伝・伝記だって何でもありです。
いろんなアンテナを張るという意味でもこの読み方はオススメです。

最後に

本を普段読む習慣のないかたはページ数の少ない本から読まれてはいかがでしょうか?
内容がペラペラの本もありますが、
著者の伝えたい内容が凝縮され、洗練された本も時には出合えます。
そして読むことが苦痛になったら読むのをやめてしまっても良いと思います。
そして他の本を読めばいいのです。
僕も今まで買っても大して読まなかった本は何冊もあります。
そのうちこれだ!と思える一冊にめぐり合えるかもしれません♪

ランキングに参加してみましたので、面白いと感じたらポチッとお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 - 読書 ,