おいしいひととき

株や投資信託についての情報を発信中。メインコンテンツは平日5時半頃更新の株日記です。

子供のために将来のお金を投資信託の積み立てで準備してあげるという選択

   

31231487644_806bd09c4b_b

最近親にひとつの通帳をわたされました。
僕が小さい時からコツコツ貯金してくれていたみたいでして、中には3桁万円のお金が貯金されていました。
将来自立する際に渡そうと貯金してくれていたんだなぁと、通帳の記載を眺めながらその想いを感じてグッと来るものがありました。

そして僕に子供が生まれたときにも同じことを子供にしてあげようと思いました。

しかし貯金だけってのは少しもったいない気がするんですよね。
僕は普段から株や投資信託といった投資に触れている事もあってか、貯金でお金を眠らせておくことに対してもったいないと感じてしまいます。
普段投資に触れている人は同じ考えだと思います。

子供が生まれて成人するまでの20年。
どうせなら積み立ての投資信託で運用した方が利点があるじゃないかと思い、運用プランを計算してみました。

photo credit: Theo Crazzolara Chocolate coins via photopin (license)


スポンサーリンク

積み立てプランA:年利1%

毎月積立額 5,000円
運用期間 20年
年利 1%
想定リターン 1,327,806円

毎月5,000円の積み立てをで年利1%と想定してを20年間運用してみました。
想定リターンは約133万
投資額の合計は120万(5,000円 * 12(ヶ月) * 20(年間))
ただ貯金するより13万程プラスの計算です。
これは投資金額の1割り増し(1.1倍)といった感じですね。

利回りが小さいのでリターンも期待できませんが、貯金するより1割増と思えば悪くないですね。

積み立てプランB:年利3%

毎月積立額 5,000円
運用期間 20年
年利 3%
想定リターン 1,641,510円

次に年利3%で計算してみます。
条件は同じく月々5千円の積み立てを20年間です。投資額は120万です。
想定リターンは約164万となり、44万程プラスの計算です。
これは投資金額の約1.36倍程になった計算ですね。

積み立てプランC:年利5%

毎月積立額 5,000円
運用期間 20年
年利 5%
想定リターン 2,055,169円

最後に年利を5%で計算してみました。
僕が今積み立てている投資信託と同じぐらいを想定しています。
想定リターンは一気に増えて約205万となり、85万程プラスの計算です。
3%から5%の2%アップするだけでさらに40万近くも増えるとは複利恐るべし・・・ですね。
こちらは投資金額の約1.7倍程になった計算ですね。

ちなみに毎月の積立額を倍の1万円に増額すると、リターンもそのまま2倍になります。
半額の2,500円にするとリターンは同じく半額になります。
個人的にはCプランが良さそうかなーと思いますね。
毎月の積立額を半額の2,500円にしても100万程になりますし、子供が成人した際に渡す金額としては丁度良い額かと思います。その分リスクは増えますが・・・。

注意点

注意点としまして、これはあくまでも想定であって必ずしもこの通りの結果になるとは限りません。
投資信託はリスクのある投資商品です。貯金とは違いますので満足のいく結果にならない場合ももちろんあります。
投資信託は日本だけでも数千種類とあり、間違った商品を選べばこの通りのリターンどころか最悪元本割れのケースも出てくる可能性があります。

しかし長期投資に向いている適切な投資信託を選べば決してこの想定リターンは難しい話ではないんじゃないかと思います。

長期保有の投資信託を選ぶポイントを別の記事で書いてありますので、良かったら参考にしてみて下さい。

また毎日株日記を書いてまして、その中で僕が現在進行形で積み立てている投資信託の日々の状況も乗せています。
2017年5月時点で2年半ぐらい毎月3万(最初は1万でした)の積み立てを行っていますので、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

 - 投資