おいしいひととき

株や投資信託についての情報を発信中。メインコンテンツは平日5時半頃更新の株日記です。

クラウドソーシングのお金を得る以外の役割とは?

   

クラウドソーシングについては、当サイトでも何度かお話しています。

場所にとらわれずに仕事請けられる新しい仕事のスタイルです。

今の時代にマッチしていますので、これからの新しい働き方としてますます注目を浴びて行くことかと思います。

さて、僕はこのクラウドソーシングの役割として、お金を得られる以外にも「自分のスキルに自信が持てる」こともメリットのひとつだと考えています。

今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

クラウドソーシングは自分に自信をつける場所

pak75_bizman20140823093347_tp_v
人は少なからず自分に自信がない生き物だと思います。

仕事に関しても100%の自信を持っている人はなかなかいないのではないかと思われます。
それはクリエイティブな仕事になるにつれ顕著に表れます。

デザインやプログラムといった仕事に関して言えば、100%の正解が無いからです。
お客さんの要望を叶えるといった点では最低限の条件はありますが、満足いける納品が出来るかとは別物なので、そこが難しい点だと言えます。

自分のデザイン力がどこまで通用するのか、HTML/CSSのマークアップがどのぐらい評価されるのか、同業者なら誰しもが持つ悩みだと思います。

社内に同期や先輩といった身近に比べられる存在がいる場合は、自分の実力をある程度推し量る事もできます。
しかし地方の中小企業や、フリーランスの場合は必ずしも周りに比べる人がいるとは限りません。

そういった時にこそ、クラウドソーシングは一役買う存在であると思うのです。

日本全国の同業者と競い合える

jj_kamakiriimg_6241_tp_v
クラウドソーシングはご存知の通り、実力の世界であり、クライアント1に対して募集者が数人います。
クライアント側も仕事を依頼するからには、よりより成果物を作ってくれる人にお願いしたいと考えます。

クラウドソーシングには日本全国(世界中?)から仕事を請けたい人が集まります。
ということはそれだけレベルの高い技術者が集まり、切磋琢磨できるということです。

その中に身をおくことで自分の実力もある程度測ることができます。
地方にいながら都会の同業者と仕事の争奪戦を繰り広げられるという事です。

今までであれば、こういった機会はそうそうありませんでした。
あっても地元の同業者とコンペで勝負するぐらいでしょうか。

僕の場合も地方でサイト制作を行っていますが、周りに同期がいないので自分自身の実力の目安が分からないといった悩みがありました。

そうした時にクラウドソーシングで仕事をすることで、「僕のスキルで通用するんだな」ということを確認できたわけです。

これはクラウドソーシングに出会わなければ分からなかったことだと思います。

まとめ

お金・自信・出会い。
僕はクラウドソーシングを通して様々なものを得ました。
どれもクラウドソーシングを行わなければ得られなかったものばかりです。

クラウドソーシングは、僕のように地方や中小企業で仕事をしている人に特に利用してみて欲しいと思います。
特に若いデザイナーはコンペにどしどし応募してみるのもいいかも知れません。

自分を試す場所・自信をつける場所として是非利用してみてください(^^)

また、僕が利用しているサービス「クラウドワークス」についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

クラウドワークスの登録はこちらから。
日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

 - 仕事・副業